本日の売買 9/22

余力確保のために、ノーベル賞関連銘柄の先回りで購入した3銘柄を売却しました。
タイミングはこれからだと思うのですが、余力確保を最優先にしました。

旭化成を1393.5円で売却して1500円の損失。
小野薬品を2421円で売却して500円の利益。
医学生物学研究所(4557)を503円で売却して14000円の損失。

現在のポジション
なし

明豊エンタープライズ劇場

今日注目していたのは明豊エンタープライズ(8927)

四季報オンラインの株価への影響を知るにはとても勉強になるケースでした。

本日付で四季報予想の更新があり、来期増益予想を受けて、株価は急騰。前場はストップ高466円に。
これは、9月14日の四季報速報で、来期は減速と書いてあったのに、増益予想がサプライズと受け止められたためです。

その後、前場のうちに、四季報オンラインの来期予想が削除されました。
おそらく、東洋経済社に、四季報速報の記事と矛盾しているいうクレームが入ったのだと思います。

それを受けて、株価はストップ高から剥がれて下落。
お昼休みにツイッター等で、来期予想の削除が周知されると、後場は売り気配スタート。
さらに、12時50分頃に、四季報オンラインに大幅減益の来期予想が掲載されました。
これを受けて株価は、一時349円まで下落しました。

この銘柄のここまでの株価推移の理由は把握していたので、今日のストップ高からの暴落は事前に予想することができましたが、売禁だったのが残念でした。

四季報予想がころころ変わるのは酷いという声もあるようですが、個人的には、こうした株価変動は、トレードのチャンスだと捉えたいと思います。

本日の売買 9/19

ノーベル賞関連銘柄の先回りで3銘柄購入してみました。

医学生物学研究所(4557)@510円買い2000株
小野薬品(4528)@2420円買い500株
旭化成(3407)@1395円買い1000株

四季報銘柄

今回は以下の9銘柄を四季報銘柄に選びました。
三菱物流リートは、279000円で40株売却して76万円の利益になりました。

ムトー精工(7927)

東京インキ(4635)

サンエー化研(4234)

グリムス(3150)

川岸工業(5921)

日本ピグメント(4119)

ニチモウ(8091)

ソマール(8152)

東洋ドライルーブ(4976)

現在のポジション
なし

四季報投資確定損益 +27万4000円

散々な一日

ある銘柄で寄り成りで両建てをつくるつもりが、即時成行で出してしまう誤発注で損失。

郵政の売りを踏んで損失。

ある銘柄の高値を買いに行って損切り。

日経ダブルインバース(1357)の安値を買いに行って損切り。

お昼休みにある銘柄を買うか迷って見送ったら、後場材料が出て急騰。

まあ、こういう時はじっとしているに限るのでおとなしくしてようと思います。

本日の売買 9/8

ポジションなしの状態に戻しておきました。

シンシア (7782)は741円で売却して、5万円の利益。
四季報銘柄6は売却して、7万円の損失。
四季報銘柄8は売却して、5万円の損失。

現在のポジション
なし

四季報投資確定損益 +27万4000円

本日の売買 9/6

寄付きの気配から買い場と判断して、短期リバウンド狙いでシンシア (7782)を買ってみました。
もっとも、週末持ち越すかどうかは分かりません。

現在のポジション
シンシア (7782)@716円 買い2000株
四季報銘柄6 5000株
四季報銘柄8 5000株

押し目拾わず

今日は、新興株、小型株が急落し、私が見ている銘柄群のうちのいくつかの銘柄も25日移動平均線付近までの押し目を形成していました。
今日の後場始まってすぐの雰囲気は、いつもであれば、押し目買いするタイミングでしたが、北朝鮮情勢次第では、テクニカルとか無関係に下落する可能性があるので、今回は押し目買いを見送りました。

1円買いで持ち越したエー・ディー・ワークスの新株予約権は成行売りを選択したのですが、1円売り気配で大引け比例配分でしたが、全て売却できました。
この取引は50万円損するところでした。危なかったです。

現在のポジション
四季報銘柄6 5000株
四季報銘柄8 5000株

買えちゃったけど。。。

売買は明日までで、上場廃止となるエー・ディー・ワークスの新株予約権1円に50万株買い指値入れておいたら全株約定していました。
ここから2円売りは望めないので、1円でそのまま売るか、権利行使するかちょっと悩みます。

あと、10月限のプットオプションを買っています。

現在のポジション
四季報銘柄6 5000株
四季報銘柄8 5000株

8月の成績

8月の成績を集計しました。

1月 ▲43万1275円
2月 +238万9190円
3月 +601万6415円
4月 +107万1605円
5月  +190万5856円
6月 +316万6220円
7月 +201万7464円
8月 +598万1001円

合計 +2211万6476円

コメント:決算銘柄、四季報銘柄の売買やプットオプションの売買で利益が出ました。特に好業績銘柄が非常に強かったことが追い風でした。
一応下落トレンド入りとの認識なので、急落への警戒は常にしておきたいと思います。