運用資産とキャッシュポジション

相場の状況に応じて、キャッシュポジションの比率を変えるという内容のツイートがあったので、今日は、私のキャッシュポジションについて書いてみます。

現在の株式運用資産は約2億円、そのうちキャッシュポジションは約19400万円なので、CP率97%です(完全な両建てはポジションなしとみなしています)。

別に、相場急落を特別に警戒しているからというわけではなく、私にとって居心地のいい水準は、CP率80%~100%の水準なので、1年間のうち20日~30日を除いてはこの水準に収まっています。

相場急落時に逆張り買い出動する場合や、低リスク案件で大きなロット投入する場合や、POやIPOの案件がある場合などは、CP50%くらいまで、株式の保有が増えることがあります。

しかし、それ以上に株式を保有することはまずありません。

ライブドアショックとか、サブプライムショックとか3.11とか色々なショック相場を経験してからと言うもの、保有している株式が全て無価値になっても破産しない範囲でしかポジションをもたなくなりました。

さらには、できるだけ手元に持たない投資方法を好むようになっています。
スイングトレードでも、1泊2日とか2泊3日くらいで5%~10%抜けるのが理想で、最長でも四季報投資の場合の1か月とかです。
前にも書いたことがありますが、1か月で20%のリターンよりも、1泊2日で5%のリターンの方を好みます。

ちゃんと計算したことはないのですが、私の場合、1年間を通じた平均のCPは90%くらいはあると思います。
もっとリスクを取れば、リターンが大きくなることは分かっているのですが、できるだけストレスのない範囲でトレードをしたいので、あまりリスクを取っていません。
資金のうち10%くらいのお金でくるくる回転売買して、年間で資金全体の10%の収益が出せれば十分と考えているからです。

本日の売買 11/14

博展 (2173)を794円で2000株買い増ししました。

前場は11時決算のダイヤモンド電機(6895)を観察していました。
11月9日の2Q修正のインパクトから通期修正にも大きな期待がかかっていましたが、下期は慎重な予想で株価は急落しました。

現在のポジション
博展 (2173)@717円買い100株
博展 (2173)@791円買い4000株

奇跡のトレード

上手くいったトレードだけを書くのは気が引けて、先ほどは書かなかったのですが、自分の記録として残しておきたいので記事にしておきます。

メイン口座では先物取引は封印したものの、SBIでは細々と続けていました。
今月は節目毎に売りで入っては損切りの繰り返しでした。

ここまであきらめずに売り続けたところ今日、奇跡のトレードがはまりました。
これから先、先物取引を一生続けても、これ以上のトレードはできない自信があるので、残しておきます。
日中高値と売り増しのタイミングが1分以内、日中安値と買い戻しのタイミングも1分以内でした。

11月9日日中先物

高値11:59 23,430
安値14:32 22,520
値幅 910円

11月9日の先物トレード
11:44:29 23400円ミニ売り10枚
11:58:40 23400円ミニ売り10枚
14:32:09 22565円ミニ買い戻し20枚
値幅835円
損益+167万円

本日の売買 11/9

博展 (2173)を770円で1000株買い増ししました。
先週仕込んでいた12月限のプットオプションが倍化しましたが、ここまでにすでに半値になっていたので、元に戻っただけでした。
今年はプットオプション全く儲かりません。

現在のポジション
博展 (2173)@717円買い100株
博展 (2173)@806円買い1000株
博展 (2173)@770円買い1000株

比例配分

博展 (2173)に成行買いの注文を入れていたところ、ストップ高比例配分で100株約定しました。
先週は、黒田電気(7517)の比例配分でも100株当たり2万円ほど儲かりました。
小型株の調子が悪いので、こうした小さい利益もこつこつ狙いたいと思います。

現在のポジション
博展 (2173)@717円買い100株
博展 (2173)@806円買い1000株

17:20 追記 PTSで買い増ししました。

 

本日の売買 11/1

タカギセイコー(4242)を4465円で売却し、7500円の利益。
昨日上方修正が出たのですが、出尽し売りで急落してしまい、せっかくの含み益が消失しました。
上方修正とか決算がらみの持ち越しは難しいですね。

現在のポジション
なし

10月の成績

10月の成績を集計しました。

1月 ▲43万1275円
2月 +238万9190円
3月 +601万6415円
4月 +107万1605円
5月  +190万5856円
6月 +316万6220円
7月 +201万7464円
8月 +598万1001円
9月 +820万4725円
10月 ▲2万672円

合計 +3030万0529円

コメント:今月は指数ばかり上昇する私の最も苦手な相場環境で大苦戦しました。後半決算銘柄のトレードなどで持ち直しましたが、わずかにマイナス収支になりました。

テクノクオーツ(5217)

昨日場中に上方修正を発表してストップ高になっていたテクノクオーツ(5217)。
適時開示の内容を見て成行買い注文を入れたところ、めずらしく比例配分で100株約定しました。
その後、PTSに10390円の買い注文を入れておいたところ、さらに200株約定。
ストップ高で大量の買いが残っていたのはずなのに、これだけ約定すると嫌な予感しかしません。。。

今朝は嫌な予感が当たってしまい売り気配スタート。
寄り付きは前日比-600円の9790円でした。
寄付きで300株ナンピン買いをして、寄り付きの時点で、単価10090円で600株保有になりました。
その後前日比プラスに転じたので10730円で売却して、38万4000円の利益になりました。

本日の売買 10/30

モリ工業(5464)は3385円で売却し、12万円の利益。
宇野澤組鐵工所(6396)は2917円で売却し、30900円の損失。
タカギセイコー(4242)を4450円で500株買い直しました。

現在のポジション
タカギセイコー(4242)@4450円買い500株

本日の売買 10/27

タカギセイコー(4242)を4560円で売却、3000円の利益。
いよいよ決算発表シーズンですね。
いち早く有望銘柄を見つけられるように頑張って適時開示を見たいと思います。

現在のポジション
モリ工業(5464)@3145円買い500株
宇野澤組鐵工所(6396)@3020円買い300株