プットオプション仕込みました

2月限のプットオプションを仕込みました。
ロングバタフライなので、コストはたいしたことなく失効しても30万円強の損失です。

19750円買い20枚
19250円売り40枚
18750円買い20枚  

マイ転

やめておければいいのに、先週末先物ミニ300枚勝負して、270万円の損失。
これで今年マイ転しました。
「余計なことをしない」という目標、全然守れていません(汗)  

本日の売買 1/15

古野電気 (6814) は、1090円で損切りしました。
5万円の損失。

現在のポジション
なし

本日の売買 1/11

1月15日に決算発表予定の古野電気(6814)を1140円で1000株購入しました。
現在のポジション
古野電気(6814)を1140円@1000株

余計なことをしない

余計なことをしないを今年の目標の1つにしています。
  • することがなくて、暇だから、なんとなく買ってみたとか。
  • 普段あまりしないことなのに、なんとなく空売りしてみたとか。
  • いつもなら損切りするところなのに、ナンピンしてみたとか。
こうしたしなくていいことをして損をすることが、結構あります。
これを避けるだけでも、年間の損益が100万円くらいは改善できる気がします。
今年は、例年より、手数が少なくなることが予想されますが、余計なことをしないで、利益を出せる可能性が高い場面だけに集中していきたいと思います。

本日の売買 1/9

Hamee (3134) を952円で2000株購入し、934円で損切しました。
36000円の損失。

現在のポジション
なし  

本日の売買 1/8

金曜日に購入したイーソル(4420)を4190円で売却し、15万1500円の利益になりました。
あと、エーアイ(4388)を1695円で500株買って、1761円で売却、33000円の利益。

現在のポジション
なし
  

オプション備忘録

年末年始の休み明けに、19000円プットよりも、18500円プットの方が大きく減価するという予想のもと、12月28日の夜間に以下のようなポジションを組んでいました。

19000円プット買い30枚@180円
18500円プット売り50枚@110円

金曜日、日経平均が19400円までリバウンドしたところで清算しました。

19000円プット買い30枚@180円→165円で売却、▲45万円
18500円プット売り50枚@110円→80円で買戻し、+150万円
トータル損益 +105万円

19000円プットの買いと、18500円プットの売りがほぼ同額で、19000円プットが1割程度の下落であったのに対し、18500円プットは約3割の下落であったためその下落率の違いが利益になりました。

1月限OPの価格推移

日中終値(先物終値19500円)このあたりまでは下落率に大きな差がありました。
19000円プット 130円▲65円(▲33.3%)
18500円プット 58円▲67円(▲53.6%)

夜間終値(先物終値20100円) ここまでくると、下落率にほとんど違いがなくなりました。
19000円プット 23円▲107円(▲82.3%)
18500円プット 9円▲49円(▲84.4%)

本日の売買 1/4

年末から持ち越した、リンク(4428)を6710円で損切りして、15万円の損失。
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング (7046) を5210円で損切りして、4万円の損失。
注目しているイーソル(4420)を3685円で300株購入しました。

現在のポジション
イーソル(4420)@3685円買い300株

2018年の成績

今年の成績を集計しました。

1月 +44万1511円
2月 +664万1301円
3月 +775万2183円
4月 +6万8200円
5月 +17万5266円
6月 +4万2167円
7月 +218万9580円
8月 +120万5811円
9月 ▲541万円2919円
10月 +812万1031円
11月▲114万円1911円
12月 +594万6672円
合計 +2602万8792円

2003年~2018年の通算損益 +2億7909万

コメント:今月は、プットオプションの買い、暴落時の逆張り買い、店頭案件が収益になりました。
1年間を通じて今年の難易度は異常に高くて、特に小型株にはきつい1年でした。
トレード収益は低調でしたが、店頭案件やオプション収益などの収益は増加しました。
1年間お疲れ様でした。