最大ドローダウン

最大ドローダウンとは、純資産価値のピークからボトムまでの下落率の中で最大のものを言います。
例えば、ファンドAとファンドBの2つのファンドがあったときにどちらのファンドに投資したいでしょうか。

ファンドA
過去5年間の資産増加率の平均 40%
最大ドローダウン       40%

ファンドB
過去5年間の資産増加率の平均 30%
最大ドローダウン       10%

ファンドAは、資産増加率が40%と高いですが、最大ドローダウンも40%で、増減が非常に激しいといえます。また最大ドローダウンが大きいので、購入するタイミングが悪ければ大きな損失が出ることもあります。 
一方のファンドBは、資産増加率が30%とファンドAには及びませんが、最大ドローダウンが10%と低く、非常に安定的に右肩上がりに資産が増加していることがわかります。
私なら浮き沈みの激しいファンドAではなく、安定的に資産が増加しているファンドBを選びます。

私は、自分の資産運用でも、このファンドBのような運用を目指しています。
つまり、最大ドローダウンをいかに抑えるかということを常に気に留めながら運用するようにしています。

本日のポジション

野村ホールディングス(東証1部:8604)売り1万株
トヨタ自動車(東証1部:7203)売り1500株
日産自動車(東証1部:7201)売り5000株
ドリームインキュベータ (東証1部:4310)売り20株

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)