最大損失額

私は、トレードを行う場合には、あらかじめそのトレードから生じうる最大損失額を計算して、それを許容できる場合にのみトレードを行うようにしています。
損失をあらかじめ受け入れることによって、買った銘柄が予想に反して下げたとしても、その損失はあらかじめ許容しているので冷静に対応することができます。
そのため、損きりもなんの躊躇もなく行うことができます。

トレードを行う前に損失を計算していないと、買った銘柄が予想に反して下げた場合に、冷静な対応ができなくなってしまいます。
また、損失を心から受け入れることができないと、損きりもなかなかできません。

このようにトレードを行う前には、必ずどれくらいの損失が生じる可能性があるのかを計算して、その損失を受け入れることが重要なのだと思います。

本日のポジション

ドリームインキュベータ (東証1部:4310)売り40株
スパークス・グループ(JASDAQ:8739)買い50株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)