価格帯別出来高の使い方

過去の価格帯別出来高は、株価がある方向に進もうとする際にどの程度の抵抗があるかを判断するのに非常に有益です。
時価よりも上に大きな出来高がある価格帯があるということは、その価格帯で買って含み損を抱えた投資家がたくさんいるということを示しています。
含み損を抱えた投資家は、株価が自分の買った値段に戻ると戻り売りを出してきますので、この価格帯に株価が近づくと戻り売りが出てきます。
そのため、株価が、その価格帯の上にいこうとする際には抵抗を受けて株価が上がりにくくなります。

反対に時価よりも下に大きな出来高がある価格帯があるということは、その価格帯で買って含み益を抱えた投資家がたくさんいるということを示しています。
含み益を抱えた投資家は、すぐに株を手放す必要性がないので、その価格帯より株価が上にあるうちは需給がいい状態となります。
また、株価が下がり大きな出来高があった価格帯に近づくと、そのあたりで利食いをした投資家や押し目を待っていた新規の投資家が買いを入れてきます。
そのため、株価が、その価格帯を下にいこうとする際には抵抗を受けて株価が下がりにくくなります。

以上の理屈から、時価の上であれ下であれ、過去の累積出来高の多い価格帯を株価が通過しようとすると抵抗を受けることになります。反対に、過去の出来高がない価格帯では株価が抵抗を受けないので、株価はどんどんすすんでいくことができます。

したがって、時価のすぐ下に大きな出来高がある価格帯があって、時価の上には出来高がほとんどない状態の場合、株価は上方向に動きやすく、下方向には動きにくい状態となります。
株価がこのような状態にあることをうまく利用することで、リスクと比べてリターンの大きいトレードが可能になります。

本日のポジション

オプト(JASDAQ:2389)買い20株

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【5月16日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【5月20日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像ではイベント投資について、公募増資というイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は年間の収益機会が多い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がイベント投資の利益を爆発的に増やすためにもう一つのイベント投資を公開します。

【5月23日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)