新興市場にセリングクライマックスの気配?

新興市場の銘柄を見ていると、一部の銘柄を除いて12月中旬くらいからずるずると下げ続けている銘柄が多いのですが、ここにきて、出来高や値幅を伴って下落する動きが見られます。
東証が活況なのであまり注目もされないのですが、静かにセリングクライマックスの動きが始まっているのかもしれません。
ずるずると下げ続けるよりは、セリングクライマックスのような投げが出る場面があった方が、調整が完了しやすくなるので、このような下げがあることは、必ずしも悪いことばかりではないかもしれません。
明日以降、新興市場の動きに注目しておきたいと思います。

本日のポジション

エース交易(JASDAQ:8749)買い3000株
住友信託銀行(東証1部:8403)買い2000株
新日本製鐵(東証1部:5401)売り1万株
ジェイエフイーホールディングス(東証1部:5411)売り1000株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)