理由が分からない下落でも損きりは必要

一見何の理由も見当たらないのに株価が急落する時があります。
理由なくいきなり株価が急落した時の損きりというのは、理由が明らかな下落と比べて心理的にやりずらい面があります。
多くの人は、結果には原因があると思っていて、原因がはっきりしない場合の結果は心理的に受け入れがたいからです。
しかし、株式投資の場合、下落した原因を後付けで究明することはあまり意味がありません。
重要なのは損きり価格まで下落したという事実であって、下落がいかなる理由であっても、その事実を受け入れる必要があります。
したがって理由なく急落した場合でも損きり価格になった際には損きりをきちんとすることが大切です。

むしろ理由のない急落が、悪材料の前兆であるということもあります。
私自身、特に理由がないのに株価が下落して、おかしいなと思いながらも損きりをしたところ、その直後に悪材料が発表されて、損きりしたことで傷が浅くてすんだということが何度もあります。

具体的には昨年5月に2000円付近で株価が持ち合いとなっていたアビリットを売買していたところ、なぜか株価が急落して、すぐに損きりが約定しました。
その後業績の下方修正によって株価は、ストップ安を交えて急落し、数ヶ月で株価は約5分の1の420円まで下げました。あまりにも下げが強烈だったので、発表前に損きりできて助かったなあという印象を強く持ちました。
このときは、株価が特に理由がなく大きく下げたときであっても損きりをきちんとすることの大切さを改めて感じました。

本日のポジション

ラ・アトレ (ヘラクレス:8885)買い10株
エムケーキャピタルマネージメント (マザーズ:2478)買い20株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)