暴落のリスク

同時多発テロの時やライブドアショックの時もそうでしたが、数年に1回くらいは、今日のようになんの前兆もなく株価が暴落することがあります。
このような暴落に巻き込まれると、いくら損きりをきちんと設定していても、売り気配を切り下げていくために売ることができず、想定していた損失よりもはるかに大きい損失が発生してしまいます。

このような暴落リスクは、株式投資を行う上で避けて通れないので、いつ暴落が起きても再起不能にならない程度のポジションになるように日頃からリスクをコントロールしておくことが肝要です。

保有しているすべての銘柄について新興市場の銘柄は20%程度、東証の銘柄は10%程度の下落リスクを見ておけば、実際の下落がその数字を越えることはほとんどないと思います。
保有しているすべての銘柄がそれだけ下落しても耐えられるかどうかという点によってポートフォリオ全体のリスクの上限を設定するといいと思います。

もし、今回、大きすぎるポジションを持っていたために大きな損失が発生してしまったのであれば、今後ポジションの大きなをコントロールするいい機会だと思ってリスクの取り方についての勉強をされるといいと思います。

本日のポジション

なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)