日興株の上場維持

東京証券取引所は12日、不正な利益水増しが発覚した日興コーディアルグループの株式上場を維持すると発表した。記者会見した西室泰三社長は「(不正会計が)組織的、意図的とまではいえない」と述べ、不正の影響が重大な場合に上場を認めない東証の上場廃止基準には該当しないと判断した。日興をTOB(株式公開買い付け)で子会社化することを決めた米金融大手のシティグループは上場維持でもTOBの方針を変えない考えで、日興はシティの支援で経営立て直しをめざす。
不正会計が発覚した昨年12月以降、日興株は上場廃止の恐れがあることを投資家に周知させる「監理ポスト」に割り当てられていた。東証は上場維持決定を受け、13日付で監理ポストの割り当てを解除する。

ここまでnikkei net から引用。

東証に対してどのような政治的圧力がかかったのかは分かりませんが、この結論には投資家のみならず、多くの国民が首をかしげたことと思います。
大手証券会社が虚偽記載を行うなど詐欺的な行為を行い、またそこまでの悪事を行っても政治力によってにぎりつぶすことができるということで、我々がトレードを行っている証券市場というのは恐ろしい世界だなという印象を持たれたことと思います。
おそらくはこのような事件は氷山の一角であり、業界全体にはもっと深い闇があることでしょう。
私達投資家は、このような詐欺まがいの行為を行う証券会社や、公正さを欠いた胴元(取引所)、そして様々な不祥事を起こす企業に囲まれて、大切なお金を掛けているということをよく意識しておく必要があると思います。
証券市場はとてもアンフェアな面があり、恐ろしい世界だということを認識した上で、身ぐるみはがれないように、自分で自分を守っていくために必要な知識や方法を身につけていく必要があるのだと思います。

本日のポジション

SBIイー・トレード証券【JASDAQ:8701】売り50株
オプト 【JASDAQ:2389】売り20株
コマツ 【東証1部:6301】売り4000株
ファーストリテイリング 【東証1部:9983】売り1000株

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)