TOBへの応募

本日は日興コーディアルグループを1680円で2万株購入しました。
同社に対してはシティグループが1株あたり1700円でTOBを実施中のため、これに応募してみようと考えています。
このTOBは、公開買付けの概要によると、

公開買付期間 平成19年3月15日(木)から平成19年4月26日(木)まで
買付価格   普通株式  1株につき 金1,700円
買付予定数  455,486,648 株
「応募株券の総数が買付予定数に満たないときは、応募株券の全部の買付を行いません。また、応募株券の総数が買付予定数以上のときは、応募株券の全部の買付けを行います。」

となっています。 
TOBに応募するに当たって重要なポイントは、買付予定数に満たないときは、TOBが不成立となる点と、TOB成立時には買い付け株数の上限がないことです。

買付予定数に満たないときは、TOBが不成立ということは、TOBが不成立になった場合に株価の値下がりリスクがあることを意味しています。現在の株価と買付価格の差はTOB成立時には利益となりますが、この利益はTOB不成立のリスクと引き換えということになります。

また、買い付け上限がある場合には、TOBが成立しても応募した全株を買い取ってもらえるとは限らないため、買い取られずに戻ってくる株式の値下がりリスクを考える必要があります(カブドットコム証券の株価がTOB価格を大きく下回っているのは買い付け株数の上限が設定されているため)。
今回のTOBでは買い付け株数の上限がないのでこのリスクについては考えなくてよさそうです。

私は、TOBに会社が賛同していること、株価がTOB価格以下で推移していること、大株主のみずほが応じる方針であること、日経報道で成立の見込みが広がるとの報道がなされていることなどからTOB成立を見込んで、TOB応募用の現物を買ってみました。

(注:この記事は、TOBに応募する場合の私なりの考え方を説明したものでTOB応募を推奨することを目的としていません。本件のTOB応募には、本文にもある通りTOBが不成立の場合の株価下落リスクがあります。)

本日のポジション

日興コーディアルグループ【東証1部:8603】買い2万株(現物TOB応募用)
西日本旅客鉄道【東証1部:9021】売り10株
ケネディクス【東証1部:4321】売り10株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)