投資の前提条件が崩れた時

小型株を中心に株価は大きく下落していて、中には現在の値段であれば、中長期的に保有することでかなりのリターンが見込めそうなものもかなり出てきています。
そのように考えて、保有を始めたとしても、業績内容が下方修正されるなど投資の前提条件が崩れた場合には、損きりをした方がいいと思います。
私は最近、中長期投資をしていませんが、中長期的に魅力的だとで見ていた銘柄の数割が、業績の大幅下方修正などで、大きく売り込まれて、注目を始めた時の株価の数分の1にまで下落していることから、中長期投資であることを自分に対する言い訳にして前提が崩れているにもかかわらず塩づけすることの危険性を再認識しています。
投資期間が短期であっても中長期であっても投資の前提がなくなった場合は撤退するというのがやはり原則なのだと思います。

本日のポジション

ホンダ 【東証1部:7267】買い2000株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)