25日移動平均線

昨年の下落相場でもそうでしたが、25日移動平均線がかなり強力な抵抗線として機能している銘柄の多いこと多いこと。
新興市場でチャートが右肩下がりの銘柄に特に多いです。
これを越えている銘柄と、これを越えることができない銘柄では天国と地獄ほどの違いがあるような気がします。
25日移動平均線を越えている銘柄は、全体が反落局面になってもすぐに投げてこない。投資家に余裕がある印象です。
新興市場の多くの銘柄を見ていて思うのは、ここから小さな二番底形成をして再度25日移動平均線にチャレンジしてくれるといいなということです。希望的観測ですが。

本日のポジション

吉野家ディー・アンド・シー【東証1部:9861】買い50株
ビックカメラ 【JASDAQ:3048】買い70株

Comments

  1. オノノイモコ says:

    最近は割と新興市場は底入れだと言う声があちらこちらから聞こえてくるようになったと思われませんか?
    本当にそうであったらいいと思います。

  2. 新興市場は底入れの可能性が出てきましたね。
    私も新興市場の復活には期待しています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)