チャートのグループ化

私は、一定の形のチャートになっている銘柄をまとめてグループ化して、まとめて観察をしておくということをよくします。

それは、同じような形となっている銘柄のいくつかが一定方向に動き出すと、他の銘柄も同じように動くこともあるので、チャートの形でグループ化することでそのような機会を捉えることができる可能性を高めることができるからです。

例えば、 フィンテックグローバル(8789)やテイクアンドギヴ・ニーズ(4331)のように業績への失望感などから窓を空けて大きく下落した後に下げ止まって底値圏でのもちあいを形成している銘柄群などは、きっかけがあれば窓を埋めにいく可能性があるので、私はグループ化してずっと注目しています。

本日のポジション
なか卯 【JASDAQ:7627】買い2500株
アルペン 【東証1部:3028】買い1000株
ドン・キホーテ 【東証1部:7532】買い5000株
エクセル 【東証1部:7591】買い1000株
助川電気工業【JASDAQ:7711】買い1000株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)