新興市場がリバウンド

約2か月ぶりに新興市場のリバウンド局面となっています。
過去のリバウンド局面では、リバウンドはしばらく続きましたが、今回はどうでしょうか。
直近安値を割れたら撤退するつもりで、資金の20%程度まで買い増ししました。
チャート的には指数に連動するETFがあれば買いたいタイミングです。
直近高値を抜くことまでは望みませんがせめてもちあい相場に移行しないかなと期待しています。

本日のポジション
なか卯【JASDAQ:7627】買い2500株
ヨロズ【東証1部:7294】買い2000株
ファンコミュニケーションズ【JASDAQ:2461】買い30株
インテリジェンス【JASDAQ:4757】買い20株
アセット・マネジャーズ【ヘラクレス:2337】買い50株
テイクアンドギヴ・ニーズ【東証1部:4331】買い100株

Comments

  1. ともなり says:

    avexfreakさんのブログは、唯一?笑、現物株で移動平均で平均的に結果を出されてらっしゃる方だと思います。移動平均のみの分析ではないかとは思いますが。
    移動平均のメカニズムを知らない人は、儲かってないと思うので…。皆ブログじゃ「儲かった儲かった」と連発してますけど。
    銘柄選択はどのようにされてるのですか?参考の為に伺いたいです。

  2. avexfreak says:

    ともなりさんこんばんは。
    コメントありがとうございます。
    移動平均線も判断の要素の1つですが、移動平均線のみで判断しているというわけではないです。
    テクニカルでは、ローソク足、支持線、抵抗線、価格帯別出来高、出来高を重視しています。
    移動平均線は銘柄によっては、支持線や抵抗線として機能することがあるので、その場合は、支持線または抵抗線として重視します。

avexfreak にコメントする コメントをキャンセル

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)