武豊騎手のインタビュー記事

「企業を振り回すギャンブル化進む個人マネー」という記事が気になってWEDGE11月号を購入しました。
その記事よりも面白かったのは、P73に記載されていた武豊騎手の記事です。

「競馬の基本は負けることです。負けることはふつうのことなんです。だから、負けたらダメだとは思いません。それよりも負け方をきちんと分析し、研究して、いかに次の勝ちにつなげていくかを考えることが大切です。」
「勝った以上にものすごい数を負けていて、同じ負けはひとつもない。そのすべての負けを研究するんですよ。無駄な負けはひとつもないくらい。」

以上、WEDGE11月号から引用。

負けを認めて、その負けと正面から向き合うことができるかどうか、それが負けによって成長できる人間とできない人間の分かれ目なのでしょうね。
負けることがダメなわけではなく、それを次にどういかすかが大切という考えはそのまま株式投資にも当てはまるものだと思います。
興味がある方は一読してみてください。

本日のポジション
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン(4296)買い10株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)