逆指値の弱点

私は損切りには逆指値注文を使っています。
逆指値を入れておくことで、場中の株価の変動で想定外の損失が発生することを防ぐことができるからです。
買いの場合、逆指値は支持線割れや当日安値割れに入れることが多いです。
最近、逆指値を使う投資家が増えてきたせいか、たまに、株価が逆指値をヒットさせる意図を感じるような値動きをすることがあります。
逆指値注文は、当然のことながら、他の投資家が故意に約定させようと思えばできてしまうので、そういう意図を持った投資家に対して、逆指値を入れた投資家は弱い立場にあります。
自分の手の内を知っている相手とポーカーをするようなものだからです。
今後逆指値が狙われるようなケースが増えれば、逆指値の入れ方について対策が必要になってくるかもしれません。
逆指値を使う投資家として考えられる対抗策は、一時的な値動きで逆指値が約定しないように多くの投資家が逆指値を入れると思われる価格から少し下に離していれるか、逆に注文が執行されることはあきらめて、逆指値が一斉に執行されて予想外に低い値段で約定するリスクを避けるために、多くの投資家が逆指値を入れるであろう価格の1ティック上に入れるなどの対策が考えられます。
個人的には、まだ対策は講じていませんが、講じるとすれば1ティック上に入れる方法がいいかなと思います。

本日のポジション
ニッシン債権回収(8426)買い50株

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)