S&P日本新興株100指数

11月28日に、スタンダード&プアーズは、本日、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス、セントレックス、アンビシャスおよびQボード(以下「新興株市場」と言う)に上場する100銘柄を対象とする新しい株価指数「S&P日本新興株100指数」を開発したと発表しました。
毎年8月末時点において浮動株修正後時価総額で上位100銘柄を決定するとのことなので、今後、新興市場のベンチマークとして機能することが期待できそうです。

詳細については、スタンダード&プアーズのホームページをご覧下さい。

この構成銘柄のチャートを一覧表示してくれるサイトがあると便利かもしれませんね(どなたかお願いします。)。

構成銘柄一覧
2121  ミクシィ                      
2126  GCAホールディングス
2127  日本M&Aセンター            
2142  ユー・エス・ジェイ            
2146  ユナイテッド・テクノロジー・ホールディングス
2315  SJホールディングス
2337  アセット・マネジャーズ        
2385  総医研ホールディングス
2389  オプト                        
2392  セキュアードキャピタルジャパン
2395  新日本科学                    
2400  メッセージ                    
2432  ディー・エヌ・エー            
2440  ぐるなび                      
2497  ngi group            
2702  日本マクドナルドHLDG      
2712  スターバックス コーヒー ジャパン
2759  テレウェイヴ                  
2766  日本風力開発                  
2767  フィールズ                    
2769  ヴィレッジヴァンガード
2790  ナフコ                        
3048  ビックカメラ                  
3236  プロパスト                    
3587  アイ ビー ダイワ            
3722  日本ベリサイン                
3727  アプリックス                  
3764  アッカ・ネットワークス        
3773  アドバンスト・メディア        
3789  ソネットエンタテインメント    
4238  ミライアル                    
4296  ゼンテック・テクノロジー・ジャパン
4314  ダヴィンチ・アドバイザーズ    
4329  ワークスアプリケーションズ    
4563  アンジェス MG              
4565  そーせいグループ              
4686  ジャストシステム              
4751  サイバーエージェント          
4755  楽天                          
4757  インテリジェンス              
4788  サイバーコミュニケーションズ  
4813  ACCESS                  
4816  東映アニメーション            
4817  ジュピターテレコム            
4819  デジタルガレージ              
4835  インデックスHLDG          
4839  WOWOW                    
4842  USEN                      
4847  インテリジェント ウェイブ    
4849  エン・ジャパン                
4972  綜研化学                      
4974  タカラバイオ                  
5989  エイチワン                    
6263  プロデュース                  
6324  ハーモニック・ドライブ・システム
6413  理想科学工業                  
6425  アルゼ                        
6432  竹内製作所                    
6670  MCJ                        
6730  アクセル                      
6787  メイコー                      
6871  日本マイクロニクス            
6890  フェローテック
6908  イリソ電子工業                
6920  レーザーテック                
7298  八千代工業                    
7458  第一興商                      
7716  ナカニシ                      
7717  ブイ・テクノロジー
7730  マニー                        
7747  朝日インテック                
7823  アートネイチャー              
7826  フルヤ金属                    
7843  幻冬舎                        
7873  アーク                        
8073  T・ZONEホールディングズ
8186  大塚家具                      
8458  エヌアイエフSMBCベンチャー
8518  日本アジア投資                
8697  大阪証券取引所                
8699  澤田ホールディングス
8701  SBIイー・トレード証券      
8708  藍澤証券                      
8732  マネーパートナーズ            
8739  スパークス・グループ          
8789  フィンテック グローバル      
8844  コスモスイニシア              
8889  アパマンショップHLDG      
8890  レーサムリサーチ              
8892  日本エスコン                  
8914  エリアリンク                  
8922  アイディーユー                
8923  トーセイ                      
8925  アルデプロ                    
8929  船井財産コンサルタンツ        
8936  リプラス                      
8942  シンプレクスインベストメントアドバイザーズ
8992  日本レップ                    
9436  沖縄セルラー電話              
9880  イノテック       

本日のポジション
先物ミニ 売り4枚
(本日から先物のポジションも記載することにしました。)

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 初めまして、いつも勉強させていただいております。HN もぐらと申します。
    とくに、今まで新興市場は何を指標としたらよいか分からなかったので、今回の記事は、大変勉強になりました。ありがとうございました。
    構成銘柄のチャートの一覧表示はできませんでしたが、記載されていた個々の銘柄のリンクを貼ってみました。
    記事を使用させていただき、ありがとうございました。
    これからもavexfreakさんの記事を楽しみにしております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

  2. avexfreak says:

    もぐらさんはじめまして。
    そうですね。新興市場全体の指標というのがないので、不便ですよね。マザーズとジャスダック指数では全くばらばらだったりして。
    今後、S&P日本新興株100指数が新興の指標となるかどうかは、機関投資家のベンチマークにどれだけ採用されるかによるんでしょうね。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)