先物ミニのメリット

先日、初めて先物ミニを取引しました。
これまで通常の先物と比べて手数料が高い(カブドットコムでは通常の先物が1枚987円、ミニ1枚210円)ことから敬遠していたのですが、思っていたよりも使い勝手がよかったです。
1点目はやはりちょうどいいサイズのポジションを構築しやすい点です。
通常の先物だと、分割でポジションを構築しようと思うと、非常に大きなポジションしか構築できませんが、ミニを使えば、分割でポジションを構築することもしやすいです。
つまり、ミニの方が小回りが効きます。
また、通常の先物ですと、たった1枚の持ち越しでも、最近よくあることですが、反対方向に大きなギャップアップや大きなギャップダウンされるとすぐ40万円程度の損失が生じてしまい、持ち越しにはそれなりの覚悟が必要です。しかし、ミニであれば、反対方向に大きなギャップアップや大きなギャップダウンがあっても損失は1枚あたり数万円なので、許容損失に応じた枚数でポジションを構築でき、持ち越しリスクの管理がしやすいです。
また、ヘッジで先物を売る場合も、通常の先物だと買いポジションに対してちょうどいいポジションになかなかならないのに対して、ミニを使えば、買いポジションの大きさに応じた枚数を売ることでよりヘッジをしやすいと思われます。
2点目は、細かいことですが、呼び値が5円刻みというのはいいですね。
買う場合も売る場合もスリッページ(注文を出した価格と実際に約定した価格の差)が少なくて済むのはありがたいです。
通常の先物の場合、1枚を成行で売買する場合のスリッページは、通常0円~1万円ですが、ミニの場合10枚を成行で売買する場合のスリッページは、通常0円~5000円で済みます。

本日のポジション
京セラ(6971)買い200株
東芝(6502)買い3000株

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【6月13日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【6月17日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【6月20日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)