東証主力銘柄のチャートによる分類

東証売買代金上位40位をチャートの強弱で分類してみました。
値動きが強い順にA>B>Cと考えます。
ブル系では鉄鋼とシャープ、松下、ソニーあたりが主役候補。
B銘柄群は、みずほの499000円が代表例ですが11月安値が支持線として今後も機能するかどうかに注目。
C銘柄群は、順張りの投資対象としては魅力が劣りますが、大きく下方乖離した場合は逆張り買い候補にはなるでしょう。また25日移動平均線への戻りは空売りのチャンスとなるかもしれません。
このように一定の基準でチャートで分類すると、同業銘柄の中での強弱や、同じグループの値動きを今後の動向を予測する参考にすることができますし、投資戦略を立てる場合の役にも立ちます。

A 上昇トレンド銘柄
新日鉄(5401)
住金(5405)
シャープ(6753)
ドコモ(9437)

B 昨年11月安値を維持している銘柄
みずほ(8411)
三井住友(8316)
三菱UFJ(8306)
ソニー(6758)
松下(6752)
セブン&アイ(3382)
三井物産(8031)
住友化学(4005)
ジェイエフイー(5411) 
KDDI(9433)
ダイキン工業(6367)
TDK(6762)
ニコン(7731)
日産自動車(7201)
信越化学工業(4063)
東京エレクトロン(8035)

C 昨年11月安値を割れている銘柄
トヨタ(7203)
ホンダ(7267)
三井不動産(8801)
三菱地所(8802)
住友不動産(8830)
キヤノン(7751)
コマツ(6301)
三菱重工業(7011)
ファナック(6954)
京セラ(6971)
三菱商事(8058)
住友商事(8053)
商船三井(9104)
住友金属鉱山(5713)
野村(8604)
武田薬品工業(4502)
ソフトバンク(9984)
東芝(6502)
東レ(3402)
日本碍子(5333)

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)