東証主力銘柄のチャートによる分類

東証売買代金上位40位をチャートの強弱で分類してみました。
値動きが強い順にA>B>Cと考えます。
ブル系では鉄鋼とシャープ、松下、ソニーあたりが主役候補。
B銘柄群は、みずほの499000円が代表例ですが11月安値が支持線として今後も機能するかどうかに注目。
C銘柄群は、順張りの投資対象としては魅力が劣りますが、大きく下方乖離した場合は逆張り買い候補にはなるでしょう。また25日移動平均線への戻りは空売りのチャンスとなるかもしれません。
このように一定の基準でチャートで分類すると、同業銘柄の中での強弱や、同じグループの値動きを今後の動向を予測する参考にすることができますし、投資戦略を立てる場合の役にも立ちます。

A 上昇トレンド銘柄
新日鉄(5401)
住金(5405)
シャープ(6753)
ドコモ(9437)

B 昨年11月安値を維持している銘柄
みずほ(8411)
三井住友(8316)
三菱UFJ(8306)
ソニー(6758)
松下(6752)
セブン&アイ(3382)
三井物産(8031)
住友化学(4005)
ジェイエフイー(5411) 
KDDI(9433)
ダイキン工業(6367)
TDK(6762)
ニコン(7731)
日産自動車(7201)
信越化学工業(4063)
東京エレクトロン(8035)

C 昨年11月安値を割れている銘柄
トヨタ(7203)
ホンダ(7267)
三井不動産(8801)
三菱地所(8802)
住友不動産(8830)
キヤノン(7751)
コマツ(6301)
三菱重工業(7011)
ファナック(6954)
京セラ(6971)
三菱商事(8058)
住友商事(8053)
商船三井(9104)
住友金属鉱山(5713)
野村(8604)
武田薬品工業(4502)
ソフトバンク(9984)
東芝(6502)
東レ(3402)
日本碍子(5333)

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)