安定操作

株価操作は行うことは、原則として法律で禁止されていますが、例外的に認められている株価操作があります。それは公募増資時における安定操作です。
例えば、ある会社の株価が2000円の時、発行価格1940円で公募増資を発表したとします。その場合に、もし1株利益の希薄化を嫌気した売りが殺到して株価が1900円まで下落してしまうと、市場で1900円で買える株をわざわざ1940円で買ってくれる投資家はいないため、増資は失敗してしまいます。
そのため、増資を成功させるために、主幹事証券会社が増資の申込みが終わるまで株価を発行価格より高く維持するために、買い支えるということが行われます。これが安定操作です。
例えば、1月11日に発表した2200株の公募増資と500株の売り出しの発行価格が1株あたり67万6800円に決定したと昨日発表したミマキエンジニアリングの株価は、676800円の少し上で推移していて、発行価格付近には、1日の出来高に匹敵する大きな買い板が並んでいます。恐らくこれは安定操作が行われていることによるものだと思われます。
(参考条文)
金融商品取引法159条3項
金融商品取引法施行令20条

本日のポジション
トーセイ(8923)買い50株

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)