日経平均は14000円の攻防

14000円という節目は複数のポイントが重なっておりこの攻防には非常に注目しています。
1つめは、2005年12月から2007年12月までのもち合い形成時の下限であり、今度は強固な抵抗線として機能すると想定されること。
2つめは、25日移動平均線が14000円付近まで下落してきており抵抗線として機能すると想定されること。
3つめは、昨年11月安値からのリバウンドは、10営業日で1438円だったのですが、明日が1月22日安値から10営業日であり、1月22日安値に1438円をたすと14010円となること。
これだけたくさん重なると14000円の攻防は注目せずにはいられません。
14000円接近の場面では持ち株は戻り売りスタンスがいいのではないかと思っています。

本日のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)