外債投資信託を売却

昨年12月5日に購入した三菱UFJ世界国債インデックスファンドを損切りしました。
購入時と比べてドルは約4円円高に、ユーロは約7円円高になっていますが、通貨が分散されていることと利息があることなどから2.4%の損失で済んでいます。
同じ期間に日経平均が15608円→13017円まで16.6%下落しているのと比べると円高がすすんだとはいえ外債インデックスの方がはるかに穏やかな値動きでした。
保有していても含み損はそれほど気にならないのですが、現在のように円高と株安がリンクしている環境下では、日経平均と外債インデックスの基準価額が連動してしまい、あまり分散効果が感じられないこと、各国の利下げにより日本との金利差が縮小傾向にあり外債投資の魅力が低くなってきていること、現在保有中の日経平均連動の投資信託の保有戦略も見直しが必要になってきたと感じていることなどから売却しました。

本日のポジション
nikkei225投資信託 1100万円買い(普段はポジションに記載していません。)
先物売り 1枚

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)