新興銘柄の安易な空売りは危険

新興市場はリバウンド3日目となっています。
業績的に見て、いくらなんでも買われすぎという銘柄も散見されます(アセット・マネジャーズ等)。
買いで取れていないと余計に売りから入りたくなるのが人情というものですが、そういう気持ちで売りから入るのはかなり危険です。

1銘柄によっては、売りが枯れていて、少しまとまった買いでもストップ高になる
2銘柄によっては、信用の売りがかなり入っていて踏み上げの様相を呈している
3昨年9月のリバウンド時もそうでしたが、新興銘柄の場合数週間で2倍や3倍になる可能性も十分ある
4業績悪で材料出尽くしとなることも多くなっており、現在の新興市場では業績よりも需給が最優先の相場つきとなっている

ことなどから、安値覚えで安易に新興銘柄を空売りをするのは危険だと思います。

本日のポジション
先物ミニ売り5枚@13650円

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)