新興市場について

昨日はスルガコーポレーションショックで新興不動産が大幅安、本日は、ミクシィショックで新興ブル銘柄にダメージ、先日はダヴィンチショックもありました。
新興市場は、そろそろ上昇第二波がきてもいいタイミングなのですが、突発的な悪材料に見舞われて上昇できないままでいます。
個人的には、2年間以上下げ続けた新興市場が、下落期間約1年半の東証主力銘柄に先がけて上昇に転じる可能性が高いのではないかという考えを持っています。
新興市場は玉石混合で、高成長をかかげたもののメッキが剥げたような銘柄が多く、夢のある銘柄はめっきり減ってきています。
買いたいと思える銘柄は10銘柄くらいしかありませんが、観察は続けておきたいと思っています。

ちなみに今日の時点で私が投資対象として観察している新興系銘柄は以下の銘柄です。

フルスピード(2159)
ディー・エヌ・エー(2432)
スタートトゥデイ(3092)
ユー・エス・ジェイ(2142)
ミマキエンジニアリング(6638)
マネーパートナーズ(8732)
エン・ジャパン(4849)
竹内製作所(6432)
ビックカメラ(3048)
トーセイ(8923)
アルデプロ(8925)

(私が観察している銘柄というだけであり投資を推奨するものではありません。)

本日のポジション
ニチアス(5393)買い1万株
フルスピード(2159)買い6株

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)