レイコフの民事再生申し立て

リリースによるとレイコフが民事再生を申し立てたようです。

リリースされた内容によると、

「資金繰りが逼迫した原因は、借入れ及び手元資金によってホテル開発不動産を取得した新規にホテルを建設し、また、既存のホテル店舗を買い取り、改装を行った上で、これらのホテルをファンドに売却する事業(ホテル事業)を開始したところ、サブプライムローン問題に端を発する金融市場・不動産市場の悪化により、取得・開発(改修)に要する費用について十分な借入れを行うことができず、手元資金を流出せざるを得なかったこと、ひいては、ファンドに対して売却することができずにホテル不動産を保有せざるを得ず財務体質が悪化するとともに保有コストが生じたこと、②収益物件として売却することを予定して取得していた物件については、不動産市場の悪化により取得価格以上の価格で売却することができなかった結果、当該物件を保有し続けざるを得ず、財務体質が悪化するとともに保有コストが生じたこと、及び③借入金が調達できず、手元資金で不動産の取得・開発費用を賄っていたものの、これも不足した結果、更に運転資金名目での借入れを起こさざるを得ず、短期の借入れ資金が増加して金利負担が増加する悪循環を引き起こしたこと等でございます。
このように、サブプライムローンに端を発する金融市場・不動産市場の悪化により、当社グループの財務体質は悪化し、また、担保余力も減少したことにより、当社グループは、金融機関から新規借入を行うことができないという状況に陥りました。
以上の次第で、当社グループの資金繰りは逼迫するに至り、事業の継続に著しい支障をきたすことなく、弁済期にある債務の弁済を行うことができない状況に陥ったため当社らは、本日、民事再生手続開始の申立てに及んだ次第であります。」

つまり
1 不動産取得、開発費用について銀行からの借入れが十分にできないこと
2 保有不動産の価格が下落したこと

などによって、財務体質が悪化して金融機関から新規の借入れができない状況に陥ったことが原因のようです。

PER1倍台というのは異常だと思っていましたが、おそらくはある程度こういう可能性を織り込んでいたのでしょうね。

本日のポジション
武田薬品工業(4502)買い2000株
エン・ジャパン(4849)買い10株

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【6月13日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【6月17日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【6月20日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)