ETF+貸株サービスは強力

マネックス証券
の貸株サービスに注目しています。

貸株サービスとは、保有している株式を証券会社に貸出し、証券会社から貸株金利を受け取ることができるサービスです。
貸株サービスは、カブドットコム証券でも提供されています。

分散投資として、TOPIXや日経平均に連動するETFに投資する場合貸株サービスを利用することで、リターンの上乗せが期待できます。

例えば、分散投資として、日経225連動型上場投資信託 (1321)を組み入れる場合、信託報酬が年に0.231%かかりますが、カブドットコムの 貸株サービスを利用すると、0.5%の貸株金利を受け取れるので、信託報酬分はすべてカバーできてさらにおつりがでます。
つまりETFが完全に日経平均と連動した場合、ETFを買って貸株サービスを利用すると、日経平均そのものよりも0.269%だけ高いリターンが期待できます。

したがって、指数連動型の商品でポートフォリオを組成する場合、信託報酬等の手数料が安いETFを買って貸株サービスを利用することが現在のところコストが最も低いという点ではベストの選択なのではないかと思います。

参考情報

マネックスの4月の貸株金利

新興3市場上場銘柄   1%/年
以外の上場銘柄  0.3%/年 

カブドットコムの貸株金利

0.5%/年

ちょうど、マネックス証券では、2008年3月21日~4月30日の間に、口座を新規開設すると、口座開設から30日間、株式取引手数料と、投資信託(一部除外あり)の申込手数料が5万円までキャッシュバックされるキャンペーンを行っているので、分散投資向けの投資信託やETFを買うにはいいかもしれません。

まあ、私のような短期のトレーダーには貸株サービスを使う機会はあまりないのですが。

本日のポジション
先物@12900円 売り1枚

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【6月13日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【6月17日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【6月20日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)