東証主力が仕手化!?

東証主力の貸借倍率を見ていて驚きました。

東証の売買代金上位40銘柄のうち売り超銘柄と4月2日時点の貸借倍率

三井住友フィナンシャルグループ(8316) 0.64
三菱地所(8802) 0.03
三井不動産(8801) 0.15
本田技研工業(7267) 0.75
住友不動産(8830) 0.12
東芝(6502) 0.56
小松製作所(6301) 0.76
キヤノン(7751) 0.28
ミレアホールディングス(8766) 0.13
JT(2914) 0.62
セブン&アイ・ホールディングス(3382) 0.08
松下電器産業(6752) 0.13
オリックス(8591) 0.61
りそなホールディングス(8308) 0.84
ニコン(7731) 0.58
アーバンコーポレイション(8868) 0.49
キリンホールディングス(2503) 0.15
三洋電機(6764) 0.30
住友信託銀行(8403) 0.40

ほぼ半分が売り超。ちょっと異常ではないですかね。
東証主力が仕手化する可能性も。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. なんだろ says:

    この情報ですが、期末信用売りによる配当/優待取りの影響は加味していますでしょうか?

  2. avexfreak says:

    売り超の状態については、確かにご指摘の期末要因はあるかもしれませんが、この日は空売りの増加が非常に多かったですので、この日に売りが増えたこと自体は間違いないと思います。

  3. なんだろ says:

    返信ありがとうございました。
    どうしても証金残の動きは、よくわからなくて。。。
    何かの折には、考え方等も発表してもらえると、嬉しく思います。
    今後も、楽しみにしております。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)