ルール違反の心理的影響

私はトレードを行う際に、あらかじめ自分で決めたルールを守るようにしていますが、月に1回くらいはルールを破ってしまうことがあります。

一番多いのは、自分の想定していない場面でトレードを仕掛けることで、例えば、携帯端末などで株価を見ていて、自分が想定してシナリオと全く反対方向に大きく動いていると、これ以上はないだろうと勝手に決め付けてポジションを建ててしまうことです。
自分が想定したシナリオがはずれている状態で、流れに逆らってポジションを建てているのでたいていは失敗します。
他では、予定していないナンピンなどをして失敗することもあります。どちらの場合も損害はせいぜい数万円から10万円程度であることが多いので、資産としてのダメージはほとんどないのですが、一番大きいのは、心理的な悪影響です。

ルールを守って損をした場合は、それはトレードという事業を行う上での必要経費みたいなものですから、ショックは受けないのですが(それでもあまりに損失が続くと凹みますが)、やってはいけないことをやって損をした場合は、激しく後悔しますし、精神的にかなり動揺します。
また自己評価が低下して、トレードに対する自信も低下します。

そうするとそういった心理的影響によって、その後のトレードがうまくいかなくなって、直接的な損害以上の損害を及ぼすことがあります。

そういった精神的影響があることが分かっているので、トレード違反をした場合には、精神的安定を完全に取り戻すまでトレードをしないようにしています。
それは半日のこともあれば、数日休むこともあります。

今日はお昼休みにある銘柄の空売りをしたのですが、ルールに反して逆指値を一時的に取り消して様子を見たところ、1ティック上で買い戻すはめに。たった1ティック、わずか数万円の損失ですが、私のルールではやってはいけないことになっているストップ注文の取消をしたということで精神的に動揺したので、そこで今日のトレードは強制終了しました。。。

本日のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)