PERが低いと買いたくなる人は要注意

業績は最高益を更新してPERも低いのに株価は下落を続けている。
今の市場には、こんな銘柄がたくさんあります。
こういう銘柄を買って失敗されたことは誰にでもあると思います。

気をつけないといけないのは、業績がいいのに下落する株価というのは業績のピークアウトを示唆している可能性があるということです。

業績がこれからよくなるという局面では、PERは高くても、株価は上昇するということがよくあります。それは、今後の業績改善を株価が織り込む過程だといえます。

その後、業績の伸びが鈍ってきたところで、株価は上昇をやめ、この過程では、業績はまだ改善しているのに株価が上昇しないため、PERは徐々に低くなってきます。

そのうち、業績は横ばいとなり、株価は下落を始めます。
この過程でも、業績は横ばいなのに株価が下落するため、PERは徐々に低くなってきます。この過程というのは、今後の業績悪化を株価が織り込む過程だといえます。

しかし、その時点での業績とPERだけを見ると、「業績がいいのにPERが低くて割安だな」と思ってしまいやすいのも事実です。
こういう業績とPERの関係は特に市況関連株などによく見られます。

どの銘柄とはいいませんが、今の市場にはこういう過程にあるのではないかと思われる銘柄が結構あります。

少なくとも、業績とPERだけ見て、割安さだと考えて安易に買うことは危険だという認識だけは持っておいて損はないと思います。

本日のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)