逆指値の失敗例

私は、損切りの逆指値を入れる場合、成行売りとするのを原則としていますが、板が薄い銘柄だと成行売りは怖いので、指値を使うこともあります。
今日はある銘柄を127200円で30株購入し、10ティック余裕があれば損切りが約定するだろうと考えて、

逆指値125000円以下になった場合指値124000円

という損切り注文を入れていました。
損切りが約定した場合でも損失は手数料入れて10万円以内に収まる予定でした。

しかし、見込みが甘かったようで、株価が急落したために指値はほとんど約定しなかったらしく、気がつくと、株価は117000円、しかも25株未約定で含み損25万円。
気がついてすぐに手動で損切りしましたが、合計27万円の損失になりました。

逆指値を指値で入れると想定外の損失が生じることがあるという失敗例です。

2159

日中足チャート

本日のポジション
日本マイクロニクス(6871)買い1000株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)