新興市場について

2006年1月にバブルが弾けて以降、一貫した下げ相場の新興市場ですが、私は、1日もかかさず監視は続けています。
現在の新興市場には、上場した数ヶ月で平気で下方修正を出してくるような上場がゴールで投資ファンドと創業者が儲かったから後はどうでもいいですというような会社や、怪しげな会社に増資を繰り返すような表向きだけ普通の会社で実態はマネーゲームのための道具にすぎない会社や、銀行から融資をしてもらえず、まともな会社が使わない方法で資金調達をする駄目企業などがたくさんあり、普通の投資家が、四季報だけを見て割安だという理由で銘柄を選ぶと、こういう駄目会社を選んでしまってしまう可能性が高い、とてもリスクの高い市場になっています。
新興市場のことをぼろかすに書きましたが、少数のまともな会社(もしかしたらまともではないことが今後発覚するかもしれませんが)まで、道ずれになって、叩き売られて、投資家からは全く相手にされなくなっているのが現状です。

それでも、いつかは新興市場が見直される可能性はあると思うので、ずっと観察を続けているわけです。
何度も言い続けていますが、新興市場は、すでに2年8か月の調整を経ているので、反発のタイミング待ちだと思っています。新興市場を観察するのであれば、流動性の高いマザーズの主力の監視をしておくといいと思います。

本日のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)