AIGの救済でも上昇は限定的

AIGの救済策がまとまったことで、金融不安後退で銀行、不動産が買われるだろうと思ってみていたのですが、銀行はみずほがマイナスに転じるなど冴えず、不動産も大き目の陰線の銘柄が多く、TOPIXは前日比でほぼ変わらずと理解しがたい相場つきとなっています。
ただし、今年の3月のときもそうでしたが、ワンテンポ遅れて上昇することも多いので、明日以降に大きく上昇してもおかしくはないかなとは思っています。

本日のポジション
信越化学(4063)買い1000株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)