チャートにラインを引く

日経平均が上値を切り下げながら下落していますので当たり前かもしれませんが、個別銘柄でも、きれいに上値と下値を切り下げている銘柄があります。
例えば、三井物産の日足チャートを見ると、安値を結んだ線が支持線として機能しており、反対に25日移動平均線で上値が抑えられています。

このように安値を結んだ線は、主観によって、線を引く位置が微妙にずれるので、かなりアバウトなものですが、それでもある程度の傾向を捉えるには役には立ちます。

でも普段私は、チャートにラインを引くことはあまりしていません。
その理由は、ラインを引くことなくチャートを視覚的に捉えているからです。
大量のチャートを毎日見ていると、いちいちラインを引く作業はやってられないというのもあります。

三井物産の日足チャート(出典:ケンミレ株式情報)

三井物産2

本日のポジション
三井物産(8031)買い1000株

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)