最近見ている指標

最近の相場は、ダウとの連動性が高いので、シカゴ日経平均先物(円建て)の終値と、ダウ先物の値動きをかなり意識して見ています。
最近の大証の寄り付きは、シカゴ日経平均先物(円建て)の清算値と、ダウが引けた後のダウ先物の変動幅でほぼ想定できます。
今日は、シカゴ日経平均先物が11680円、ダウ先物が引け後に100ドル強の上昇ということで、寄り付きは11800円くらいを想定していたのですが、SGXより220円も高い、12000円で寄り付いたことには驚きました。
主力株が軒並み売り気配の中で、先物だけ高く寄る様子は異様でした。
今日は最後まで、(一部の金融株以外)体感温度は低い相場でしたが、指数だけ高い相場でした。

本日のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)