本日のポジション

前場段階:
先物はシカゴで9530円で4枚外し、大証で9300円で2枚損切りして残り4枚に減らしました。
株式は、コマツ、東海カーボン、東芝機械は損切りしました。
日本レジデンシャル投資法人は現引きしました。
ポジションをでかくしすぎた失敗は是正する必要があると考えて、買いポジションを半分以下に減らしました。

後場段階:
引け前に急落したので9200円で1枚損切り。残り3枚。

引け後:
イブニングで9330円ですべて売却して撤退しました。
先物は平均単価9390円で全て損切り。

やっとこれから反発というタイミングで非常に不本意なのですが、ニューシティレジデンスの民事再生の影響で明日以降リートが暴落する可能性に備えてのものです。
悪いことは続くものですね。頭が痛いです。

今回のトレードについては、買い下がりという戦略もさることながら、ポジションを大きくしすぎたことが最大の失敗だと考えています。
10500円から500円下がる毎にミニ5枚くらいにしておけば、ここまで大きな傷にはならなかったと思います。
また、撤退戦略が明確でなかったことも問題です。
これだけ短期間に9000円まで下落することは全くもって想定外で、買い下がり、戻り売りで対応できると思っていました。

大きすぎるリスクを取って、1000万円超の大損失を出し、結局は、買い下がりの戦略は継続不可能となり、結局底値圏で投げるという悪いトレードの見本のようなトレードだったと思います。
いつもリスク管理の重要性を説いていながら、自分自身で、このような失敗をしてしまったこと、本当に情けなく思っています。

本日のポジション
なし(現物を除く)

Comments

  1. petitbootang says:

    avexfreakさん、こんにちは。
    いや、私如きトウシローがあれこれ言う話ではないんですがね(^_^;)済みません。
    ただ、日本のマーケットと言うのは、シンメトリックではなく、2005年以外は基本的に売り圧力の方が圧倒的に大きいんですね。あ、日経平均及び先物の話ですが。
    avexfreakさんがどのような売買手法を行っているのかは分かりませんが、このことはつまり、買い下がりよりも売り上がりの方が圧倒的に有利だと言うことです。
    ツナギ売買なら尚更ですよね。

  2. petitbootang さんこんにちは。
    私はあまり売りはやらないのですが、今回の暴落で売り方は相当の儲けになっていることでしょうね。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)