売れないリスク

今日は反発しましたが、ダウも日経平均も為替も1日で10%くらいは動いてしまうというすさまじい動きです。
メガバンクのような超大型株がストップ安に張り付いて売れない市場って恐ろしいことだと心から思います。
私はリートで、2週間売れないという状態に置かれたことで、売れないリスクというのを嫌というほど味わったので、今は株を買って持ち越しをする気になれません。
売れないリスク、これは本当におそろしいですよ。
ITバブルの崩壊相場を見たときも、何が恐怖かといれば「売れない」ということです。
あの時は値段が10分の1になっても売れない、売りたくても何ヶ月も売れないそういう恐怖の場面を目の当たりにしました。
値段が半分でも売れた方がよっぽどいいということはあるのです。
その意味で日本は値幅制限がきつすぎる気がします。
大きな悪材料で本当のパニックになると、全銘柄がストップ安で売れないなんてことも起きますから、そういう売れないリスクを考えると、今は持ち越しは怖いなと思います。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【5月16日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【5月20日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像ではイベント投資について、公募増資というイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は年間の収益機会が多い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がイベント投資の利益を爆発的に増やすためにもう一つのイベント投資を公開します。

【5月23日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 株式相場で
    ひとつの銘柄に資金の2割のポジションを取るのなら
    当然ですが20パーセントのドローダウンが発生します。
    ライブドアで、ひとつの銘柄に10割以上のポジションを持って、破産した人がいました。
    その時、気がつきませんでしたか?
    今までこのようなポジションの取り方で資金を増やしてきたのなら、基本的にリスクが管理できていません。

  2. petitbootang says:

    敢えてそんなことを指摘することに意味があるとは思えません。
    ポリシーの問題だと思います。
    大きなリスクを取っても大きなリターンを狙う行動を取るのであれば、当然それは織り込んでいるでしょう。
    それが現実になっただけで、リスクは必ずいつかは実現するのですから。
    全額を失って破産したという訳ではないのですし、ここまでは失ってでもリスクを取りたいという想定分を飛ばしただけでしょう。
    リスクの取りすぎかどうかは、売買手法と併せて検討してみないと一概には言えないと思います。
    私はあまりやりませんが、買い下がり手法を取るなら、株価は下方向への値動きの方が大きいのですから、売り上がりより大きなリスクを取る必要があります。
    自分が上手くいっているならそれで良いでしょう。
    人を非難する必要は無いと思います。

  3. そのように考えてアマチュア的な売買を別に否定はしません。
    相場から得たい物を得ればいいと思います。
    非難もしてませんし、その人の自由でしょう。
    ただ本人が賢明で、同じようなことを避けるようにしようと思ったときのために、あえて事実を指摘してみたまでです。
    もし非難と捉えるならば、後にその結果が現れるということです。
    良くも悪くも

  4. 本職さん、petitbootangさんコメントありがとうございます。
    個人的な考えとしては、1つの銘柄に資金の何%まで入れていいかというのは、その投資家の資金量によっても、資金の性質や投資家のリスク許容度によっても違うので一概に何%までが妥当だとは言えない問題だと思います。
    十分な分散を行えば個別銘柄の変動リスクは抑えられますが、指数から大きくアウトパフォームできる確率は低くなるので、トレードオフの関係だと思います。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)