金融危機の教訓

今回の金融危機の問題から得られる一般的な教訓として、レバレッジをかけることの危険性に目を向ける必要があるということがあると思います。

今回の暴落では、FXや信用取引で大きなレバレッジをかけて大きな損をされた方も多いと思います。
大きな損をするのは、FXや信用取引そのものが悪いわけではなく、レバレッジの掛け方に原因がある場合が多いと思われます。
かなり意識的にリスクの取り方を考えないと、取らぬ狸の皮算用で、どうしても儲かった時の利益に目が向いてしまい、レバレッジを大きくかけてしまいがちです。

また、私たちは一般の生活の中でも気がつかないうちにレバレッジをかけています。
例えば住宅ローンを組んで、頭金500万円で5000万円の家を買うというのはレバレッジ10倍で不動産に投資していることになります。
価格が10%下落すれば、頭金は消えてなくなり、30%下落すれば1000万円のオーバーローンになります。
これは本人が気がつかないうちに恐ろしく危険な賭けをしていることになります。
昔のように、同じ職場で年功序列型の終身雇用に守られていた時代であれば、住宅ローンを組むリスクはそれほど大きくなかったのでしょうが、現在のように、いつリストラや減給などで安定した収入が得られなくなってもおかしくない状態で大きなレバレッジをかけてローンを組むリスクというのは非常に大きいと言えます。

しかし、政府の経済対策などを見ていると、過去最大規模の住宅ローン減税ですか。
住宅購入者を増やすことは景気を押し上げる効果が大きいのでこのような政策になるのでしょうが、住宅ローンを組んで住宅を購入するリスクをしっかりと教育することなく、住宅ローンを組んで住宅を買うことを後押しする政策をいつまでも推し進めるというのは長期的には決して国民の幸福にはつながらないと思います。

そのように言う私も今はレバレッジ2倍で自宅を買っていますが、将来的には、住宅ローンで自宅を買うというライフスタイル自体が時代遅れになると思っています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)