再帰性理論vs均衡理論

現在の株価の暴落後の状況は、再帰性理論で説明できる状況かなと思います。
どういうことかというと、現在は、日経平均が、一気に8000円台まで暴落し、誰も日本は傷が浅いはずなのにどうしてこんなに下がるのかと思っている状況です。
そして、おそらく多くの投資家は、現時点では日経平均8000円台は安すぎるので、上昇する可能性が高いのではないかと思っているのではないかと思います。
これはつまり日本のファンダメンタルズから考えて適正な価格は、もっと上だから、しばらくすれば、そこに落ち着くはずという均衡理論的な発想です。
私も現時点ではそう考えています。
でも、株価がもし、このまま8000円台で推移したらどうでしょう。
金融商品の下落の損失により、破綻する金融機関が出てきたり、金融機関が貸し出しをできなくなることで、実態経済は一気に悪化してしまったりします。
そうすると、株価の暴落により、ファンダメンタルズが悪化し、悪化したファンダメンタルズを反映した株価は、日経平均8000円台が妥当な水準になってしまう可能性もあるわけです。

私は、この再帰性理論的発想から次のように考えています。
これから一定期間内に本格的にリバウンドして、日経平均1万円の大台を回復ができれば、実態経済への影響は限定的となり、その時点に過去を振り返れば、8000円台はやはりオーバーシュートだったということになると思われます。
一方で、一定期間内に本格的なリバウンドがない場合、株価の暴落による実態経済への悪影響が深刻化するため、8000円台が安いとは言えなくなる可能性がある。
どちらのシナリオになるかは現時点では分からない。

上記のような考えから、これから数週間以内に、本格的にリバウンドするかどうかが決定的に重要だと思うのです。
株式投資の利益がどうかということはおいておいても、できるだけ早く株価が回復することを願っています。

Comments

  1. petitbootang says:

    avexfreakさん、こんにちは。
    本当に難しい相場が続いていますね。
    私自身はもっと下がる可能性ありと見ていますが、上でも下でもどっちに動いても不思議はないですよね。
    日本の傷が浅いとは言っても、グローバリゼーションに組み込まれてしまっている訳ですから、俺は関係ないと言っても始まらない話かも知れません。最近、再鎖国論を唱える人が増えているようですが…。
    あらゆる面で危機管理の甘い国ですし、225先物廃止を提案(国民新党)したり、蒟蒻ゼリーにまでいちゃもんを付ける国ですから、あまり過大な期待は抱かない方が得策と思います。

  2. petitbootangさんこんばんは。
    そうですね。
    日本はアメリカにおんぶにだっこなので、普通に考えてアメリカがこければ日本もこけますよね。
    しかも、日本はアメリカと違って実務が分かる人が上にいないので政策にも期待できないかなと思います。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)