レッドクリフ

先週末に三国志の赤壁の戦いを実写化した映画「レッドクリフ」を見てきました。
敵をばっさばっさと倒す爽快感はゲーム三国無双の実写版という感じでした。
ストーリー自体は、金城武演じる孔明とトニー・レオン演じる周瑜の2人が主人公になっているためか、孔明のすごさはそれほど伝わってきませんでした。
私が横山光輝三国志や三国志演義を読んで、蜀中心のストーリー展開に慣れているためにそう思うのかもしれませんが、孔明をメインにして描いた方が面白いような気はしました。
この映画の中で、周瑜から、羽根扇子を持っている理由を問われた孔明が、「熱くならないため」と答え、周瑜が「あなたのような人でも熱くなることがあるのですか」という会話をするシーンが印象的でした。
おそらく、自分が熱くなることはそうはないと分かった上で、それでもなお常に自分を戒める意味で、羽根扇子を持っているということなのでしょう。
私も、トレードで熱くならないように自分を戒めるための扇子でも持っておこうかなと思いました。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)