貸株の注意点

私は新興市場のネット関連の銘柄を10月上旬以降、現引きして所有していましたが、期待した数字が出なかったことや、マザーズ指数が崩れてきたことから、今日までに全株を売却しました。

私は現物株を貸株に出していたのですが、貸株に出した場合売却したい時にすぐに売却できないことは大きなデメリットだと感じました。
17日に売りたいと思ったのですが、取り戻すのに3営業日かかるため、本日20日まで売ることができませんでした(カブドットコム証券の場合、証券会社により取り扱いが異なる可能性があります)。
その間に株価は20%程度暴落。貸株料たった0.5%のために貸株に出したために勿体ないことをしました。
信用取引で売りができない銘柄を貸株をする場合には、すぐに売れないということには注意が必要だと思います。

なお所有していた新興銘柄については、10月以降大きく上昇して、ここ数日で大きく下落したので含み益がなくなっただけで年間収益への影響はほとんどありません。

Comments

  1. こんばんは
    私はSBI証券で貸株をしていますが、売りたい時に即売れます。
    通常の口座に入れている感覚で売買できるので、逆にカブドット
    コム証券の即売れないというのに違和感を感じます。
    おまけに新興市場の株で貸株料が0.5%ですか。。
    これだと、仰るとおりメリットよりデメリットの方が大きい
    かもしれませんね。
    ちなみにSBIは、新興市場は1.0%です。
    信用口座を取り消して貸株口座を作った甲斐があります。

  2. バサロ坊主さんこんばんは。
    SBI証券はすぐに売れるのですね。
    その上1%ですか。その差は大きいですね。
    今後貸株をするときは参考にさせて頂こうと思います。
    ありがとうございます。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)