貸株の注意点

私は新興市場のネット関連の銘柄を10月上旬以降、現引きして所有していましたが、期待した数字が出なかったことや、マザーズ指数が崩れてきたことから、今日までに全株を売却しました。

私は現物株を貸株に出していたのですが、貸株に出した場合売却したい時にすぐに売却できないことは大きなデメリットだと感じました。
17日に売りたいと思ったのですが、取り戻すのに3営業日かかるため、本日20日まで売ることができませんでした(カブドットコム証券の場合、証券会社により取り扱いが異なる可能性があります)。
その間に株価は20%程度暴落。貸株料たった0.5%のために貸株に出したために勿体ないことをしました。
信用取引で売りができない銘柄を貸株をする場合には、すぐに売れないということには注意が必要だと思います。

なお所有していた新興銘柄については、10月以降大きく上昇して、ここ数日で大きく下落したので含み益がなくなっただけで年間収益への影響はほとんどありません。

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【6月13日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【6月17日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【6月20日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. こんばんは
    私はSBI証券で貸株をしていますが、売りたい時に即売れます。
    通常の口座に入れている感覚で売買できるので、逆にカブドット
    コム証券の即売れないというのに違和感を感じます。
    おまけに新興市場の株で貸株料が0.5%ですか。。
    これだと、仰るとおりメリットよりデメリットの方が大きい
    かもしれませんね。
    ちなみにSBIは、新興市場は1.0%です。
    信用口座を取り消して貸株口座を作った甲斐があります。

  2. バサロ坊主さんこんばんは。
    SBI証券はすぐに売れるのですね。
    その上1%ですか。その差は大きいですね。
    今後貸株をするときは参考にさせて頂こうと思います。
    ありがとうございます。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)