リートの混乱回避はファインプレー!?

まずは昨日の記事
「大和ハウス工業は11月27日、モリモト・アセットマネジメントの株式7,620株とビ・ライフの投資口5,060口を取得すると発表した。ビ・ライフの投資口は、モリモトから取得。出資比率は10.27%となり、第1位の投資主となる予定。取得予定日は、12月19日までの間で別途合意する日としている。」
ここまで朝日新聞から引用

そして今日の記事
「モリモト(8899.T: 株価, ニュース, レポート)は28日、東京地裁に民事再生手続き開始の申し立てを行ったと発表した。負債総額は1615億2000万円。」
ここまでロイターから引用

民事再生の申し立ての前日にリートの処理だけ決めたというのは、私の憶測ですが、金融庁や国土交通省から指導が入ったからではないかなと思います。
先日の以下の記事などと合わせて考えると、これ以上リート市場の混乱を回避するために行政が介入をしてきていると考えるのが自然なような気がします。
そうだとすると、今回のモリモトの件は市場の混乱を防いだという意味でファインプレーと言えるのではないでしょうか。

「国土交通省は不動産投資信託(REIT)市場の活性化に向け、合併・再編を促す制度の見直しに乗り出す。金融庁や東京証券取引所と協力し、合併の障害となる税制面の制約を緩和したり、上場基準を厳しくすることなどを検討する。」
日経ネットから引用

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)