新生銀行の春の円定期キャンペーン

また新生銀行が春の円定期キャンペーンとして1年もの1.1%、5年もの1.7%で預金を集めています。
個人向け国債(5年)の利回りの倍以上という高い金利は他の銀行と比べて破たんリスクが高いことの裏返しともいえます。
しかし、ペイオフで保護される金額の範囲内で預金する分には、無リスクなので預金者の視点からするとかなり有利な商品といえると思います。

参考URL

http://www.shinseibank.com/powerflex/cam/cam_ytd2.html

以下の記事では、新生銀行は機関投資家から非常にリスキーな銀行と見られており社債で資金調達が難しい状況なので預金で資金調達をしていると解説されています。

参考URL

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0902/04/news053.html

仮に、高金利で預金を大量に集めて破たんされると、ペイオフとなるわけですが、預金保険機構が預金者に払うお金は、銀行が預金保険機構に払っている保険料を原資とした保険金として支払われます。

高金利で預金をたくさん集めて破たんされると他の銀行にも預金保険機構に払う保険料の値上げなどとして降りかかってくる可能性がある話なので、比較的健全な銀行は、こうした高金利での預金獲得を苦々しい思いで見ているのではないかと想像します。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)