幻のSQ値

〔株式マーケットアイ〕
 <10:55> 日経平均は伸び悩み、SQ値は幻の高値となる公算も
 日経平均は伸び悩む展開。8900円台で推移している。ストップ安売り気配となっている三井住友フィナンシャルグループ(8316.T: 株価, ニュース, レポート)を気配値で算出したSQ(特別清算指数)値は9140円近辺の水準。今日の高値はこれに達しておらず、SQ値は幻の高値となる公算が大きいとの見方が出ている。

以上ロイターより引用

幻のSQ値とは、日経新聞社によって公表されている日経平均株価の高値或いは安値の範囲外で計算されたSQ値の事をいいます。
どうして、こういうことが起きるかというと、 SQ値は225銘柄の寄り付き値の平均値を計算しているのに対して、日経平均株価は、ある時刻おける225銘柄の平均値を計算しているので(しかも買い気配や売り気配となって寄り付いていない場合は前日の基準値で計算される)、寄り付きの時間がばらばらの場合、SQ値は異なる時刻につけた株価を平均することになるので、同じ時刻における225銘柄の株価を平均した日経平均株価とは異なってきます。

そのため、買い気配や売り気配になっている銘柄がたくさんあって、寄り付きの時間がばらばらになると、SQ値は、日経平均株価がつけない数値をつけることがあるのです。

現在のポジション
先物ミニ@9050円売り10枚

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)