損切りの失敗例(油断が大きな損失を招く)

私はたいてい建玉の時点で損切りの逆指値を入れるのですが、場に張り付いて見ている時は、手動の損切りをすることもあります。

今日はダウ先物を、8350ドルの支持線での支持を想定して、
8367ドルで2枚買いました。
損切りは直近安値である8354ドルに設定していました。

21時半ころ、ちょっと用があって2分ほど席をはずして戻ってくると、8300ドル割れてる。。。

13ドル×100で損切りするはずが、67ドル×100の損失。。。

急落の原因は、21時半(現地は7時半)に指標の発表があったことです。
席を外すときに逆指値を入れておけばよかったことなのですが、ほんの少しだから大丈夫だろうと油断していました。

反省。

090513

ダウと日経225のスプレッド1000を売ったポジションは先ほどスプレッド850で利食って約30万円の利益になりました。

現在のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)