金融庁、JDC信託に厳格処分 顧客資産返還を命令

「金融庁は18日、著作権管理・運用を主力とする信託会社のジャパン・デジタル・コンテンツ(JDC)信託に、新規業務の3カ月間の停止と顧客財産の返還を命じた。顧客の信託財産を流用し、同社の借金返済に充てるなど重大な法令違反が発覚。現状では顧客の信託財産の保全が難しいとして、顧客資産の返還命令という異例の処分に踏み切った。
 同社は政府の規制緩和を受けて、銀行免許を持たない信託会社の第1号として2005年に信託免許を取得。映画などの著作権の信託を手掛ける会社として注目を集めたが、ずさんな経営体制が浮き彫りとなり厳しい処分につながった。
 新規業務の停止期間は19日から3カ月間。金融庁はこの間に同社の内部管理体制がどの程度改善するかを注視する。そのうえで、改善度合いが思わしくないと判断した場合には、3カ月後に信託会社の免許を取り消すことも視野に入れているもようだ。」

以上日経ネットから引用

この会社、私も昨年の初めころ、ドバイに興味を持っていたので、ドバイ株のみに投資する信託型ファンドを発売するというので関心を持っていたことがあります。
結局、運用会社を信用できなかったので、購入の検討まではしませんでしたが、そのファンドは社員が顧客から集めたお金を私的に流用したという理由で、発売中止になりました。
これだけでも呆れた会社だと思っていましたが、今後は会社が顧客の信託財産を流用して借金の返済にあてたというのですから極めて悪質です。

当り前のことですが、お金を預けるに値する信用できる会社かどうかは慎重に判断しないといけないと改めて思いました。

現在のポジション
なし
(日経225先物売り+ダウ先物買いのポジションはスプレッドが100ポイント縮小したので利食いました。)

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【5月16日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【5月20日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像ではイベント投資について、公募増資というイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は年間の収益機会が多い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がイベント投資の利益を爆発的に増やすためにもう一つのイベント投資を公開します。

【5月23日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)