伊藤園の優先株式

ここ数日の間に、伊藤園の第1種優先株式を買ってみました。

優先株ってあまり馴染みがないので、伊藤園のホームページを調べてみました。

伊藤園の優先株式の主な内容は以下のようになっています。

1 普通株式に配当する場合、優先株式には普通株式の125%の配当を行う
(今期は、普通株式は38円に対して、優先株式は48円の配当)

2 普通株式が無配の場合を含めて1株あたり最低15円の配当を保障する

3 配当が連続してなされないなど例外的なケースを除いて株主総会において議決権を行使することができない

4 一定の要件を満たす公開買付や合併、株式交換、上場廃止などのイベントが生じた場合には強制的に取得され、普通株式が交付される

簡単に言うと、議決権がない代わりに配当が125%払われる株式です。

一般に、株主の権利というのは、配当請求権、残余財産分配請求権などの自益権と、株主総会における議決権の共益権からなると言われます。
この株式は、共益権がなく、自益権のみからなる株式ということになります。

それでは、いったい株式のうち、配当請求権にいくらの価値があり、議決権にいくらの価値があるのでしょうか。
それが分かれば、普通株式の株価から、優先株式の理論株価を計算できるはずです。
しかし、上場している優先株が他にないので、議決権の価値が株式の価値の何%が相場だといった判断はできないが現状です。

ここでは、
普通株式=議決権の価値G+普通株式の配当請求権H+その他の権利I
優先株式=普通株式の配当請求権H×1.25+その他の権利I
と仮定して(注)、

現在の株価から議決権の価値、配当請求権の価値を計算してみます。

普通株式1401円(6月22日終値)
優先株式 834円(6月22日終値)
なので、

1401=G+H+I
834=1.25H+I

よって、
H=667-0.8I
G=567+0.25H=733-0.2I

方程式はこれ以上解けません。
しかし、少なくとも、議決権が567円~733円の間で評価されていることが分かります。
また、配当請求権の価値が667円以下でしか評価されていないことも分かります。

小難しい理屈は抜きにしても、6%近い配当は魅力的と感じてずっと注目していたところ(ただし前期では配当性向が100%を超えており、余裕がある配当ではないのでこの利回りがいつまでも続くとは限らないところが弱点だと思います)、800円付近で下げ止まったように見えたので買いを入れてみました。

現在のポジション
伊藤園の第1種優先株式(25935)買い6000株

(注1)いかなる意味でもこの記事は買いを推奨するものではありません。私自身株価動向によってはすぐに売却することもありえます。

(注2)優先株式の計算部分については、私なりの考え方で計算したので、一般的な計算方法ではないです。
ネット上で調べた範囲では、優先株を永久債とほぼ同じ金融商品とみて理論価格を計算する方法、普通株式と優先株式の価格差を議決権プレミアムと配当請求権の違いに加えて流動性プレミアムを考慮して説明するもの、まず配当可能利益から優先株への割増配当金額を引いた金額からPERを出し、そのPERに1株利益+割増配当を掛け合わせて優先株の議決権付き理論株価を出し、そこから優先株の株価を引いて議決権の価格を計算するものなどがありました。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)