公的年金の積立金運用、赤字10兆円…過去最悪に

「公的年金の積立金の2008年度の市場運用実績が10兆円の損失となったことが26日、分かった。
 単年度の赤字は2年連続で、赤字幅は過去最大となった。08年9月の米証券リーマン・ブラザーズの破綻(はたん)に端を発した金融危機による株価下落や円高が要因で、運用利回りもマイナス10%台に落ち込んだ。厚生労働省は「単年度の赤字で長期の年金給付にすぐ影響がでるわけではない」としているが、今後の年金制度のあり方にも影を落としそうだ。
 公的年金の積立金の運用は、厚労相からの委託を受けた「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が行っている。国民年金と厚生年金を合わせた積立金は約140兆円で、そのうち約90兆円を市場で運用している。運用割合は6割超が国内債券、2割が国内・外国株式、残る1割が外国債券となっている。
 08年度は、第1四半期(4~6月)のみ1兆円の黒字を確保したが、以降は株価下落などの影響を受けて、赤字に転落。第2四半期(7~9月)が4兆円、第3四半期(10~12月)は5兆円と大幅赤字を記録していた。
 厚労省が今後100年の年金財政を検証した「財政検証」では積立金の運用利回りを4・1%に設定した上で、厚生年金の給付水準が「現役世代の収入の5割以上」を確保できるとしている。今回のマイナス10%は目標と大きく乖離(かいり)した結果となっており、このまま運用の低迷が続けば、厚労省の計算通り年金資金が確保できず、将来の給付カットにもつながりかねない。「現役世代の収入の5割以上」は政府・与党の公約でもあり、給付カットとなれば、年金不信がさらに深刻化する恐れもある。
 ただ、今年度に入ってから、株式市場は回復基調にあり、運用実績は改善しつつあるとの指摘もある。」

以上読売新聞から引用

関連記事として
「厚生労働省は、5年ごとに行う公的年金の「財政検証」で、長期の予想運用利回りを現行の名目3.2%から4.1%に引き上げた。」
ここまでロイターから引用

長期運用に関して、単年度の運用成績をうんぬん言っても意味がないと思いますし、国内債券6割というポートフォリオは保守的なものなので、運用がそれほど失敗しているとは言えないと思います。
問題なのは、財源が足りないからと言って、厚生労働省が運用利回りを3.2%から4.1%に引き上げて、数字のつじつま合わせをしていることであり、これは国民をだます行為であり、許し難いと思います。
現在の低金利の状態で、6割超を国内債券で運用して4.1%の運用利回りを達成することは不可能としか思えないのです。
こんな無茶な注文を付けられた運用担当者はお気の毒だなと思うくらいです。

本当に、国内債券6割のポートフォリオで4.1%の運用ができるのであれば、私の資産もそのポートフォリオ運用して欲しいですw

現在のポジション
伊藤園の第1種優先株式(25935)買い6000株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)