最近の売りの理由

最近の私がどうして売りから入ることが多いのか考えていました。
形式的な理由は、抵抗線を背景にしての売りなので損切りをしても損失が小さいということです。
しかし、本当の理由は、おそらく2005年型相場への願望からきています。

~2005年型相場とは~

2003年4月7603円の安値をつけてから反転して日経平均は、2004年5月~2005年7月まで、10500円~12000円のもち合いから一度もはみ出ることなくほとんど動かなくなりました。
この壮大なもち合いでエネルギーを蓄積したのち、2005年8月もち合いから上に放れ、わずか8か月後の2006年4月には17563円の高値をつけたのでした。

今年の3月に相場が底を打って以降の私は、2004年5月~2005年7月まで続いたような大きなもち合いが起きることをひそかに期待しています。
もちろんこのままV時回復してしまうかもしれませんし、最もスタンダードなW底型になるかもしれません。
しかし、一番買い方としてやりやすいのは、上昇トレンドの途中におけるもち合い型です。欧米風に言えば、カップウィズハンドルのパターンです。

2003年からのパターンを踏襲するのであれば、どこかで上昇が止まるでしょう。
2003年からのパターンでは1年間上昇して、2004年4月に12195円という戻り高値をつけて止まっています。
これと全く同じ上昇期間(1年間)、上昇値幅(4592円)と仮定すると、2010円3月に11613円という計算になります。
そこから1万円~11500円でのもち合い形成なんてパターンになれば最高です。

どこかで一度上昇が止まって、もち合いに移行して欲しいという、私の勝手な願望が、節目節目での打診売りという行動に動かしているような気がしています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)