私の節税法

今年もあと4か月を切ってきたので今年の収支の内訳を見ていると、

株式取引    -1,205,146円
先物、CFD +3,769,678円

となっています。
この収支は税金の観点から極めてまずい状況です。
というのも私の場合株式の譲渡益については、昨年、一昨年の損失と相殺できるので、2000万円くらいまでは利益が出ても非課税になる計算です。
しかし、先物取引の利益には20%の税金がかかりますし、CFDの利益は他の所得と合算して総合課税の対象になります。
株式の譲渡益、先物の譲渡益、CFDの利益はそれぞれ税金が別建てなので、損益を通算できません。
そのため、この収支の内訳のままでいくとトータル250万円の利益に対して、80万円以上の税金がかかるおそれがあります。

私が行っている節税法は、先物やCFDの利益をできるだけ、株式の利益に変えていくことです。
具体的には、先物、限月CFDでポジションを取ると同時に、ETF(1321)で反対のポジションを取ります。
例えば、これから相場が下がると考えるのであれば、先物やCFDで日経225先物を買い建てて、同時にETFで売りポジションを取ります。
想定どおりに、日経平均が下落すれば、先物やCFDの利益が減少し、株式の利益が増加するので、税金の額は減少します。
ただし、相場の方向性を間違えると、反対に先物やCFDの利益が増えてしまうので却って税金が増えてしまうのがやっかいなところです。
そういう意味ではこの方法はあまり確実ではないのですが、地道に先物やCFDの利益を減らしていきたいと考えています。

(注)上記方法が節税法として適法であることを保証するものではありません(多分問題はないと思いますが)ので、もしこの方法をとられる場合はご自身のリスクでお願いします。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)