もちあい下放れ

日経平均は8月上旬から続いたおおむね10200円~10600円のもち合いゾーンから下に放れました。
これを受けて個別株のチャートでも変化を示唆するものが出ています。
売買代金上位40位のチャートを眺めただけでも以下の項目に該当する銘柄がこれだけあります。
東芝のように上放れがだましとなった銘柄も出てきています。

いつものことながら、ギャップダウンしている銘柄が多く、ここからすぐに売りかというと、すでに結構下げているものも多く、新規売りしたくなるチャートはそれほど多くありません。

ここからは、下落トレンド銘柄の戻り売りを基本戦略にしつつも、ソニー(6758)、ファナック(6954)といった週足が美しい銘柄の買いも視野に入れて対応したいと思っています。

本日を含めて2営業日以内にもち合い下放れ
商船三井(9104)
パナソニック(6752)
ソフトバンク(9984)
シャープ(6753)
伊藤忠商事(8001)
三井不動産(8801)

本日を含めて2営業日以内に25日移動平均線割れ
東芝(6502)
キヤノン(7751)
小松製作所(6301)
信越化学工業(4063)
武田薬品工業(4502)
三井物産(8031)
富士通(6702)
ジェイエフイー(5411)
TDK(6762)
エヌ・ティ・ティ・ドコモ(9437)
KDDI(9433)
日立建機(6305)

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)