ウィニー開発者逆転無罪

「ファイル交換ソフト「ウィニー」を開発し、ゲームや映画ソフトの違法コピーを容易にしたとして、著作権法違反ほう助罪に問われた元東大助手、金子勇被告(39)の控訴審判決が8日、大阪高裁であった。小倉正三裁判長は罰金150万円とした一審・京都地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。一審で懲役1年を求刑した検察側と、無罪を主張する弁護側の双方が控訴していた。
判決は、ソフトの利用者が著作物を違法にコピーした場合に、ソフト開発者を罪に問えるとした一審の判断を覆した。
検察側は控訴審で「ウィニーには著作物ファイルの交換以外の用途はない。著作権侵害の損害は100億円に上る」と指摘。その上で「ソフト開発者の責任は、違法にコピーした者より重い」とし、罰金刑は軽すぎると主張していた。」

以上日経ネットから引用。

私は技術的なことは分からないのですが、この結論は妥当だと思います。
ある技術が犯罪に利用されたとしてもその技術を開発した人を処罰するのは筋違いというものでしょう。
その理屈でいくと兵器の開発者は殺人幇助になりますよね。
警察や検察は間違った権力の使い方をして、技術の進歩を止めるようなことはしないほしいものですね。

現在のポジション
アステラス製薬(4503)売り2000株
先物ミニ@9805円買い5枚

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)